カタログギフトは賛否両論?

カタログギフトのメリット

最近、引出物としてもカタログギフトを利用する方が多くなっています。

どのようなメリットがあるのかというと、ゲストに持ち帰っていただくときに、かさばることもありませんし軽いので楽だということがありますね。

祝儀によって上限の値段を変えることも出来ますし、使い勝手がいいとされます。

また、こちらで2~3種類の引出物を用意するよりは、カタログギフトの数多くの品物から選べるということで融通がききます。

せっかく選んでも不要なものと思われるよりは、ゲストに選べるようにしてあげたほうが安心ではあります。

当たり外れがでなくて無難だということですね。また、参加できなかったゲストに祝儀を頂いても、カタログを贈ってお礼状を出すだけでいいので、こちらとしても対応しやすくなります。

マナー違反になることがないので便利に導入できますね。

カタログギフトのデメリット

便利に使われているカタログギフトを結婚式の引出物にするときには多少のデメリットもありますので、合わせて考えてみましょう。

カタログギフトにはたくさんの品物が掲載されていますが、それでもゲストの好みに合わないこともあります。

多くのゲストがいるほど、難しい事になりますね。申し込みをして取り寄せをするというのが手間だと考えて放っておいてしまうゲストもいます。

また、ご年配のゲストでは、カタログギフトになれていないので、どう扱っていいのかが分からないままということもあるようですね。

多忙な方でもゆっくりカタログから選ぶ時間がないというケースも考えられます。

カタログを選ぶときにも価格帯で決めることが多いのですが、種類があるようでしたら、最低限これは無難で妥協点になる、という品物が掲載されているようにして下さい。

食べ物でもいいですし、日用品やキッチンツールでも構わないですよ。かなり便利なカタログギフトですがメリットとデメリットを比較して検討したほうがいいでしょう。

⇒結婚式の引出物ランキングやおすすめショップ