結婚式の引出物はどうして必要なのか?

結婚式の引出物の歴史

結婚式の引出物は、平安時代ころからあり、当時は結婚式に参列してくださった方に馬を引いたことから引出物と言われるようになったそうです。

引くという言葉は長引くにつながり、結婚生活が長く続くとして演技のいいものとされていましたね。

その時代でも貴族や権力者の間で行われていたことでした。馬が送られていたということもあり、大きなものとして贈答するのが一般的だったと考えてよいでしょう。

ちなみに結婚式に参列してくださった方に対しては引出物として贈り、参列していただけなかった方に送るのは内祝いとして区別していますので、分けて覚えておくと良いでしょう。

現代では、あまり必要のない由来かもしれませんが、ちょっとした豆知識として知っていると便利なのではないでしょうか。

貴族や権力者以外の結婚式でも、引出物ということではありませんが御礼の品は送っていたようです。

結婚式の引出物が一般的になったのは?

裕福な家庭の結婚式でしか引出物は利用されていませんでしたが、これが一般的なものになったのは明治時代になります。

江戸時代の終わり頃までは、各家庭での結婚式が一般的になっており、神前で婚姻を行うということは少なかったですね。

明治時代には殆どの人が苗字を持つようになり、家族との結びつきも強くなっていったことから、一般的に神前での婚姻を執り行うようになり、祝儀や引出物と言った贈答品を贈ることも普及していったということなのです。

かなり前の結婚式では、披露宴の料理を折り詰めにして持ち帰っていただくのが引出物となっていたり、その後は大きくて重たいものが引出物に相応しいとされていましたが、ゲストに迷惑もかかりますのでコンパクトなものを利用するようになってきました。

記念品としてじゃまにならないものをセンスよく選べるかが大事になってきていますね。

⇒結婚式の引出物ランキングやおすすめショップ