ゲストが欲しがる引出物の傾向

嬉しい引出物として

結婚式の引出物は、贈り分けをすることが多いのですが、年代や性別などによってもらって嬉しいものが異なってきます。

ご年配の方では縁起を担いで適したものが良いと判断するでしょうし、男性の同僚や友人、女性の同僚や友人としては、また自分では購入しないようなブランド品や上質なものを好む傾向があります。

ファミリーならセットものの食器などが最適ですね。全てのゲストに共通しているのは、持って帰るにしても邪魔にならないものが希望です。

みなさん車でお越しになっているわけではありませんので、帰りに交通機関を利用するとしても重たくて大きなものを持って帰ってくださいというのは失礼かもしれませんよ。

最近、多く利用されているカタログギフトは、こういった問題が出ませんが、あまり欲しい物がなくて困ってしまうという人もいますね。記念としても印象が薄いでしょう。

困ってしまう引出物とは?

結婚式の引出物で、これは困ったという物がたくさんあるようです。

確かに、新郎新婦の名前やイラストの入った品物では、飾るに飾れませんのでどうしていいのか困ってしまいます。ワインボトルのラベルでさえ処分に困りますね。

良かれと思って選んだインテリアのものでも、やはり趣味が合わなくて部屋にはおいておけないというケースがあります。

独身で実家にお住まいの方ですと使いようのないペアグラスは置き場所を取るだけですし、使いにくくて仕方がないそうです。

食べてなくなるものがいいのかというと、パスタやオイルのセットだとして、消耗品扱いになるので引出物としてはどうなのかと思うところです。

フォトフレームはいいのですが、中に新郎新婦の写真を入れるのは避けたいところですね。

自分用に写真を外していいのか、そのままにしなくてはいけないのか考えるのも困るものですよ。

人によって好みが大きく違いますので、その点は配慮した無難なものがいいということがあります。

⇒結婚式の引出物ランキングやおすすめショップ