地域によって異なっている結婚式の引出物

地域別で注意すること

地域によって結婚式の引出物には特徴があります。嫁いで別の地域に行った時などには戸惑いもありますので、先に確認しておきましょう。

北海道や東北地方では会費制として大人数で行いますので1500円程度の引菓子が利用されることが多いですね。秋田では記念品に寝具を贈ることもあるようです。

披露宴の料理は折り詰めにして持ち帰っていただくことが多いですね。新潟県では引出物の数が多いという特徴があります。

記念品として3,500円、引菓子に3,000円というのが目安ですね。富山県では引出物として細工かまぼこをつけます。

縁起物の形にしておくのが一般的ですね。愛知県は昔ながらの感覚で重たくて大きなものが引出物には適しているとします。

名披露目という新郎新婦の名前が入った風呂敷を贈っていますね。

滋賀県・兵庫県では3~5品の引出物としていますが、滋賀県では特にお嫁入りまんじゅうや紅白の餅を添えるようになっています。香川県では米菓子おいりは引出物として欠かせません。

忘れてはいけないものなのか?

当然、嫁いだ先の地域で風習としているものですので、必ずではなくても意向に沿うようにするのがいいでしょう。

新郎側の両親としても、自分の息子だけきちんとしていないという印象を持ってしまいますし、親戚から何かを言われるのもご両親になるでしょう。

あとでトラブルになることがないようにしておくのが理想的です。

新郎の会社の関係者もやはりちょっと違うなという印象を持ち、主に新婦に対して地域に馴染めない人なのかと思ってしまいます。

新婚生活を円満に進めていくにも、スタートをきちんとしていきたいですね。

確かに、夫婦2人のことと思うでしょうが、双方の親族や関係者にお披露目をする場でもありますので、これは軽んじることが出来ません。

オリジナルのものを用意して引出物としたいのもわかりますが、悪目立ちをしないようにしておきましょう。

⇒結婚式の引出物ランキングやおすすめショップ