実は渡し方も大事です

引出物の渡し方のマナー

結婚式での引出物は、会場の席のところにおいてあることが多いのですが、会場によってはそれが出来ないこともあります。

事前に確認をしておき、ダメなときには会場外でのお渡しが出来るように手配しなくてはいけませんね。

場所をとりますので、一時預かりとしておいておける場所を確保するようにしましょう。

ご夫婦でいらっしゃったゲストにはご祝儀が1つですので引出物も1つお渡しすることになりますが、他の方と同じでは失礼になりますので、多少、引出物のグレードを上げたほうがいいと言われますね。

難しい時には1品多くするだけでも構わないでしょう。

ご夫婦で別々にご祝儀をくださった時には引出物を2つというのも中身が重なってしまいますので、1つお渡しして引出物と同じくらいの額で別のプレゼントを考えるといいですね。

おおまかなマナーとしてはこのようになっており、あとは両家としての決まりごとや考えに合わせましょう。

こういうことは失礼です

引出物は結婚式当日に持ち帰るものとなっていますので、送付するとしても翌日には届かなくてはいけません。

中には、ご祝儀の額を見て引出物を贈り分け用途する方もいるようですが、これは本当に失礼な話だと思います。

そのようなことをすると引出物が到着するのも遅くなり、品位の下がることだと思いますよ。

あら味目引出物が重たいものになってしまったとわかっている時には、事情と送付することを忘れずにゲストにお知らせしなくてはいけません。

司会の方にアナウンスしてもらってもいいですし、各席にお知らせの文書としておいておくのもいいですね。

通常は席に着くと脇に引出物がおいてありますので、それがないだけでも疑問に思うゲストはいるのです。

お知らせをするのは早い段階で、と心得ておきましょう。配送になる日付をはっきり明記していなくてはゲストの方には迷惑になってしまいます。

⇒結婚式の引出物ランキングやおすすめショップ